新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!

2010年11月20日

イチゴハウスのラッティー&お地蔵さんラッティー

またまた大きくなりました、我が家の3人目のパピヨン犬ラッティ君犬(玲王菜)
ますますかわいくなった。なんせ仕草がかわいくてたまらない。5月15日生まれだから、もう半年になるのか。人間でいえば、3歳くらいか・・・一番かわいい時かな。

散歩もするし、ちょっと太めで、足がみじかくて、、、これが子供っぽくてなんともいえずにかわいい。
もう少し大きくなると、パピヨン犬って急にスマートになって耳の毛とか伸びてきて、美しく変身してくる。

ちょっと気取った犬になっていくのだけど、子供の時は、まだ何犬かよくわからなくて(よくチワワとまちがえられる)、この時期は、やんちゃでいたずらで大変だけど、子供っぽいかわいい仕草がたまらないのであるパピヨン
ところで、冬にさしかかるにあたって、我が家恒例の犬専用、イチゴハウスをだしてあげた。もはや上の二人のパピヨンは、はいることもないけれど、この二人もチビの時はここで散々過ごしたのだ。

DSC07639.JPG
ラッティのゲージの中に置くと最初はとまどっていたけれど、ぐっとイチゴハウスの中にラッティを押しこみ、そしたらこの小さいイチゴのおうちを気にいったようで、またあたたかくてふわふわなので、ここ最近はいつもこのイチゴハウスで過ごすようになった。そして夜はこの中で爆睡。ひっくり返って寝ているようだ。とてもあたたかいらしくて、寒さで目が覚めることもなく、朝までぐっすり。このイチゴハウスの中で、毎晩爆睡のらっちゃんである。犬
このイチゴハウス、娘がヤフーのオークションで格安で買ったのだけど、まさかこんなに重宝するなんて思わなかった。3人ものパピヨンがみんな使うとは。
 
DSC07933.JPG

 
イチゴハウスのラッティ、寝ている時は、動かないから撮れるだろう思って、でも起こしても悪いから、フラッシュをたかずに撮ってみた。写りは悪いけれどこんな感じ。

このイチゴハウス、上の二人のパピヨンも使ったから、匂いが染みついているのだろうか。いまでは一番らっちゃんの落ち着く場所になっておりますいちごパピヨン

それから写真を整理していたら、はじめてらっちゃんがお風呂に入った時のも見つかったので載せておきます。ぬれ鼠状態ですが、この後、湯船にじっと浸かっていました。お風呂好きみたいです。

DSC07571.JPG

それから、よくラッティは、ぬいぐるみをかんだ状態でじっとしていることが多いよう。その姿は、ただただこの状態でじっとしているから、じっとしている様子が、なんだかお地蔵さんみたいなので、家族にお地蔵さんラッティと呼ばれるようになってしまった地蔵


なぜ何かを噛んだままじっとしているのか。そのうちこの格好で寝てしまったりしているから、多分生まれた時お母さんのそばでじっとこんな格好でいたんだろうなあ。


考えてみれば、生まれて何日もしないうちに、お母さんから離されてブリーダーのところとかにいって、犬専門店のコジマやとかホームセンターのペットショップとかにいってしまうのだ。いつもでもお母さんのところにいたいだろうに、なんかラッちゃんがこのお地蔵さん姿をし始めてじっとしだすと、むしょうにいとおしくなってしまうのです犬・玲王菜

 
DSC07924.JPG
お母さんとは離れてしまったけれど、その分、私がかわいがってあげるからね。この家にきて楽しくすごしておくれ。ずっと守ってあげるから。
今じゃ上の二人のリムちゃんピノ君とも遊ぶようになって、楽しく毎日過ごすらッちゃんです。これからもよろしくお願いします。ゆっちー

Lubtech-sato ルブテック佐藤の徒然紀行-twitter2
 

                       ランキングに参加しています。

                      ポチっとよろしくお願いします↓        
 

人気ブログランキングへ


ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

DSC07166.JPG

お地蔵「ラッチャン」

posted by オサト at 01:05| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

ラッティー君は「らっちゃん!?」


前々回のブログでご紹介しました、我が家の仲間になったパピヨン犬のラッティー。なんとまあ素敵な名前だと改めて思っている毎日だったのですがガーン



o0800045010685781282[1].jpg
 

実は、名前が決まってから、皆でラッティーラッティーと呼んでいたのですが、娘がラッティーなのに、「らっちゃん」と呼び始めて・・・シラー
それは、私が出張で3日ほどいなかったことから始まったことです。家に帰ってくると、なぜか家の雰囲気が洋風から和風へ・・・そうです、ラッティーのことを「らっちゃん」と皆が呼んでいたから、家が和風に感じてしまった訳ですよプンプン
一番ラッティーを可愛がってくれている娘が、常に「らっちゃん、らっちゃん」と呼ぶものだから・・・ラッティーというおしゃれな名前がいつのまにか「らっちゃん」というなんだか和風な名前で呼ばれるようになってしまった。小学校の頃歌った、「さっちゃん」という歌も思い出してしまったし。
あせる「らっちゃん」はね、ラッティというんだほんとはね・・・音譜

 
o0800045010685735843[1].jpg



しかし、意地でも「らっちゃん」と呼ばなかった私だが、妻までそのように呼んでいたので、ついつい昨日は私まで「らっちゃん」と思わず呼んでしまい、なんだかそう呼ぶのも親しみやすくてかわいいかも・・・と思ってしまい、これを機に、一揆に洋風ラッティーから、和風らっちゃんへ・・・もちろん本当の名前は、ラッティーだっていうことをお忘れなく汗


連れてきた時から、我が家の人気者であるらっちゃんは、よく食べる食べる、よく寝る寝る、よく遊ぶ遊ぶの日々の連続で実に元気な子。たくましささえ感じるくらい。さすが3番目の子だ。今ではかなり大きくなった。元気すぎて、ゲージからだすとすぐせまい家の中を走り回り、リムちゃんピノ君の後を追いかけまわして二人には、なんだか嫌われているみたい・・・ドンッ


o0800045010685711859[1].jpg

 
もうリム嬢、ピノ君は4歳と3歳で犬の年齢にしては、大人になってしまったから、この新しい仲間ラッティーにはかなり振り回されてしまっているようで・・・ラッティーが寄ってくると、吠えるし、逃げるし、どうやってこのやんちゃなギャングを扱ってよいかわからない様子。
でもきっと慣れると思うし、もう少し落ち着いたら仲良くなれると私は信じている。

しかし、黒白ぶちのトライカラ―のらっちゃん、予想通りにとてもかわいい。大きくなるのも早いだろうな。今のうちに写真撮りまくろうとばかりに、今はせまい家の中なのにカメラ持ち歩きの生活である。
しかしかわいい仕草をとろうと思いきや、なかなか子犬が動作は激しく、気ままでじっとしていないからむずかしい。


o0800045010685561873[1].jpg

 
しかし、犬3匹(家では3人と言っているが)、その中での生活はなかなか楽しいです。
いつもは会話がはずまない我が家の家族も、犬の話題だけでは盛り上がるから不思議である。犬の話だとなぜか家族に笑顔が生まれるのも七不思議の一つで、例えば家族同士、それぞれの生活感とか考え方とか人生に対する姿勢みたいなことは、お互い口をだすと、激しい喧嘩にもなりかねないので、実際になってしまうし、あまり言わないようになんとなく家族がそういうムードだけど、そんなクールな私達家族も、犬の話題だと一揆に盛り上がって、顔が微笑んでしまって笑いがでるから、それは本当に不思議な魔法のようなもので、ペットの力は人間家族にとっていかに大切なのか物語っているのであります。わんわんにゃー

らっちゃんとおかげで、この夏もかなり楽しい生活だ。早く散歩にいきたい。秋頃だろうか。それまでにうちの3人の犬達わんわん仲良くなりますように!!




t00700083_0070008310216747792[1].png
 
ランキングに参加しています。
ポチっとよろしくお願いします↓        

人気ブログランキングへ
ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

o0800045010685561875[1].jpg

posted by オサト at 11:08| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

新しい子です。3人目のパピヨン「ラッティー君」

o0600080010671420693[1].jpg


私の犬好きは、車業界でもちょっと有名で・・・(ほんとか?) お客様とも犬話題だけで終わるところもあるくらいです。車好きが皆犬好きではないけれど、結構いますよ。犬好きな車屋さん。わんわん車


犬はほんとにかわいい。我が家も既に2人のパピヨンがいて、リムちゃん、ピノ君と、いつでもどこでも犬とともに生活をしております。


が、この二人、パピヨンの中でもすごくかわいいパピヨンであるのだけれど、二人とも毛色が茶系で、まあ普通のパピヨンの毛並みかな・・・ところが、パピヨン犬にも毛並みは種類があって、黒色のパピヨンもすごくかっこいいなと私は最近だけどひそかに思っていたのです。


妻に告白すると、なんと妻もそう思っていたとか・・・叫び
パピヨンを飼い始めてから、パピヨンファンになったのは勿論、パピヨン犬にたいしてすごく知識が豊富になって犬の本などと読みまくり、かなり詳しくなって、パピヨン犬も黒白ぶちのパピヨン、ひじょうにかわいいものですね。


でももう二人もいるし、まさか我が家のようにせまい家で、これ以上犬君を増やすわけにはいかない・・・けれど、黒色パピヨン確かにかっこいい・・・でもなかなか黒色(トライカラー)の赤ちゃんパピヨンっていないし、いつもいく、コジマヤでも、近所のホームセンターのペットショップでも私は、黒色ぶちのパピヨンをいまだかつでみたことはないのでしたが。かお


と、ところが、ある日のこと私の前にあらわれてしまったのですね。
それは出張中のことです。岐阜県に近い愛知県を走行中、今いるリムちゃん、ピノ君のジャーキーを買おうと、いまだかつて寄ったこのもない、とあるホームセンターに寄ってみたところ、なんと、そこにいたのですよ。黒色ぶちのパピヨンの赤ちゃんが!!
あんまりかわいいので、おもわずカメラでパチリ!それがこれ↑トップの写真。


もうこうなったら、飼いたくて飼いたくてしょうがない! 私の性格からして、ほしそうな顔で、じと〜とずっと見つめておりました。リムちゃんの出会いと似ております。指をちょっといれると、ペロペロとなめるのです、私の指を・・・。こうなったらかわいくてかわいくて・・・飼おうと決めましたが・・・


いや、待てよ、既に我が家には、二人もパピヨンがいるではないか・・・あのせまい家がなおさら犬小屋のようになり、犬の中で暮らす人間のようになるような気もするし、第一、妻がなんていうか、そして息子も娘もそんな私をきっと非難するであろう・・・「何考えてるの?」って。


o0800045010671349763[1].jpg

やはりあきらめるしかないか・・・とその時はあきらめ、なくなくまた車で東京へ帰りました・・・けど、思いというのは、不思議なもので・・・そう簡単に消えるものではなく・・・


その日から、夢にでてくるのですよ・・・黒白ぶちのホームセンターで出会ったパピヨン君が・・・夢の中で、私を見て、「待ってるからね」とかわいい顔でいうのです。そして、私はその子を当然飼って、二人で草むらの中で戯れているのです。
なんであの時あきらめたのだ・・・という後悔の念で脂汗を流しながら目が覚める毎日・・・そんな日を繰り返し・・・でもそのうち、もうあきらめたことなんだって自分自身に言い聞かせて、そのうち考えないようにしていたというのもあって忘れかけていましたが・・・あせる



o0800045010671349760[1].jpg


ところが、神様がひきよせてくれたのでしょうか?また再び名古屋へ出張、その日はとても暑くて暑くて暑過ぎて、なんでもこの夏最高の気温の日だったとか・・・さすがに私の丈夫な車もクーラーかけ過ぎてバッテリーがだめになる気配が見え・・・とうとうバッテリー交換するという目になってしまって、あわてて飛び込んだホームセンター、とにかくバッテリーをゲットしとかなくては・・・という思いではいったホームセンターでしたが・・・、ところがなんとそこは、見覚えあるホームセンターで、なんと2週間前にあの黒白のパピヨンで出会ったところであったのです。


決してそこにあのパピヨンがいるかな?とか思って入ったホームセンターではなく、本当に偶然のことでして、第一、バッテリーが悪くならなければ絶対寄らなかったな。


でもまさか、まだいるわけがないよな、あんなにかわいかったから、売れてあたりまえだしな・・・と思いつつそっと覗いてみると・・・なんとまだいたのですよ。叫び
そして、また私に同じ仕草をして、私の指をペロペロとなめて・・・もうこうなったら飼うしかないって本当に思いました、これでまたやめたら、私はひとつの出会いをなくしたことになる、そう思った時には、もう素直に飼う手続きへと進んでおりました。


o0800045010671354354[1].jpg

                ペットショップからの帰り道。段ボールにはいってまだ、ここは何処?と不安そうな顔(イン カーにて)


3匹目のパピヨン、家族になんといわれようがいい、絶対に飼う!そう決めて私は、待っていてくれたその子に感謝しましたよ。幸い、出張が終わるまで、そこのペット屋さんがそのまま預かってくれるという、よかったよかった。
そして、大きく赤文字でその子のケースは「売約済」という文字のプレートが貼られたのです。嬉しかったです。本当に。


なんでもその子がお店にはいってきた時、店長さんは、かわいい子がきたな、きっとすぐ売れちゃうなと思ったそうな・・・でもなかなか売れないでお店に残っていたのが不思議だったそうです。


それはなぜでしょうか、決まっていますね。私を待っていたのでしょう。いえね、世の中そういうことって大いにあると思います。普通ならば、売れてしまうようなかわいい子なのに、ずっとどこへも行かずにいた・・・それが運命なのですよ。・・・こういう出会いって素敵だと思いませんか?
流れにさからってはだめ、もし私がここでまた考えてこの子をひきとらなかったならば、きっと一つの貴重な出会いを私は失っていたのです。失った代償は大きいから、きっと私はあまりいい人生を送れなかったかもしれない・・・そんな気もします。大袈裟でなく。ニコニコ
感じた時って、それがいい予感がする出会いであったならば、必ず大事にするべきだと思います。


o0800045010671350343[1].jpg

まあそんなわけで、今、この子は我が家におります。これも不思議でしたが、息子も娘も妻もすごく喜んでくれて、かわいいかわいいって。全然非難はしませんでした。今では、せまい家に3匹のパピヨンになりましたが、私の友人は5匹のミニチュアシュナイザーを家族でかわいがって飼っている友人もいて、、まだまだ上には上がいるから自分なんて全然平気です。(そこのお宅も私のような出会いを繰り返して多くなったらしいです)


o0800045010671349751[1].jpg

今ではかわいい子供達パピヨン犬3人と楽しく毎日暮らしております。名前は、ウィーンにいる娘が即考えてくれました。なかなかセンスのよい名前を頂きました。
音楽家スカルラッティー(私の好きな作曲家です)から、とって「ラッティ君」。なかなかいい名前でしょ。



リズムからとったリムちゃん(女の子)、ピアノからとったピノ君(男の子)、そして、作曲家スカルラッティからとったラッティ君(男の子)・・・またまた私の宝物が増えました。犬とともにの生活やっぱり楽しいです。
皆様もいい出会いを感じたとき、決して失わないでくださいね。いい出会いをすると必ず幸せになります。人間と人間だけに限らずいい出会いは宝です。大切にね音譜



                     ランキングに参加しています。
 
t00700083_0070008310216747792[1].png


ポチっとよろしくお願いします        

人気ブログランキングへ
ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

 
o0800045010671349757[1].jpg

 
posted by オサト at 21:08| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

初めての雪景色




DSC05457雪の日.JPG


この子達にとって、初めての雪との出会い。東京ではなかなか雪にお目にかからなかったので、かなりびっくり。目を大きく開けて2人とも雪景色を見つめていた。かわいいなあ、全く。

昨日の雪はなんだったのでしょうか・・・?(正式には一昨日)夜おそく結構降って、私も雪嫌いじゃないし、どちらかというと、はしゃいでしまうタイプだが(いい歳して)、昨日の夜、家のまわりが一面の雪景色だったから、かなり興奮して犬連れて外にでてしまいました。(カメラは常に持参)。なのにもう今日は、ほとんど正常な日ですぐ晴れてしまって残念だ。

でも昨日、犬は寒がっていたなあ・・・無理やり連れ出してかわいそうなことをしたと思ったが、初めて見る雪で、目をシロクロさせていましたよ。結構喜んだと思ったけれど、やっぱり寒かったのだろうか。帰ってきたら、ぶるぶる震えていましたから。


DSC05477ピノ雪.JPG

ほんとに大雪になるかと思いました。ピノ君雪の中で絵みたいにかわいかったな。

その昔、私は、雪が降ると必ず、車をだして、広い場所で車を走らせて、わざとタイヤを滑らせて遊んだものだ。昨年、地方にいった時、大雪降って若者が私の若い頃と同じこと車でやっていましたが、なんとまあ自分も危ないことをしていたものだなあって思ったねえ。今その若者みて、なんという危ないことするんだってかなり、にらみ付けていた自分でした。これも若気のいたりかも。でも、それをやるなら本当に車の運転に自信がある人じゃないとかなり危ない行動だからやっぱりあまりお勧めしない遊びである。

そんな具合に雪が降るとなぜかうきうきそわそわ。それはいくつになっても変わらずだ。そんな中で、愛犬連れて、娘もきて写真撮りまくった俺。でも、雪がレンズをおおっていい写真撮れなかったです。そんな中で、私と犬君の足跡の写真、あまりにかわいいのでご紹介します。

DSC05448足跡.JPG

この写真、私の足跡と愛犬の足跡です。ほんとにかわいいと思うのですが・・・私のではなく犬君の足跡。

ほんとにかわいいでしょ。この足跡。誰も通ってない雪の上に一番に足跡つけるのは気持ちも明るくなる。
ああ、また雪降らないかなと心から思います。今度は、昼間犬とかけまわりたい。気持ちは少年まだ少年だね。


DSC05458.JPG

ちょっと雪が小降りになったらすぐ走り回るピノ君。この仕草パピヨンぽいなあ。


                        ランキングに参加しています
  
 ポチっとよろしくお願いします        

   人気ブログランキングへ
     ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

posted by オサト at 00:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

私の悩み解決…リムちゃんの爪カット物語

本日は、秋晴れでしたね晴れ
朝の犬と一緒の日課の散歩は、実に気持ちよかったですハチ


早起きは三文の得 っていいますが、これってほんとだとつくづく思いますよ。
早起きする者だけが、与えられる特権。最近は、私もその特権頂いておりますハイ。


昔の人は確かに、いいことを言ったなあって、いつもしみじみ感じますねえ。
秋晴れのさわやかさを味わうと、このさわやかさという名の充実感って何にも変えられません。
季節を味わう気持ちってほんとにすばらしいことですね。シミジミ・・・・・・もみじ


       
       
o0320024010251054754[1].jpg
トリマーさんに、やっと爪を切ってもらった、リムちゃん(パピヨン)、すごくおとなしくしている。

  
ところで本日は、私の娘、リム嬢(パピヨン)の爪カットに、行って来ましたしっぽフリフリ
実は、我が犬君達の爪カット、私がやろうと思って、何度も挑戦しました。
だけど、犬の爪切りってほんとにむずかしい。
まず、じっとしてるはずないし、あやしながらやっても、おとなしくしているはずもない、
ちょっと深く切っただけでも、血がでてきたこともあったし・・・
その血を見た時はさすがの私もおののきましたけど・・・叫び 思い出しただけで身震いです。


だから、犬の爪、パチンと切るとき、かなりの心の準備も勇気もいるし、
もう私には、無理だと最近は思い始めていたのです・・・あせる
精神的にまいってしまうんですね。
かなり性能がいいペット用の爪切りも購入したんですよ。おそらく1000円はしたと思う。
人間の私は、100円ショップの爪切りを使っているけれど、犬君達それも、愛するリム嬢には、
それなりの立派な爪切り買ったのです。まだ一度も使っていない・・・しょぼん


何度挑戦してもだめでした。こわくてできないんです・・・。


で、どうしたかというと、ずっと伸ばしっぱなしでした。
そうしたら、リムちゃん(パピヨン犬の名前)の爪、まるで、白雪姫にでてくる、りんごを売りに来る、
魔法使いいますよね。あの恐い顔の・・・そう悪い奴。あんな感じの細くて長くて先は丸くなっている
爪になってしまって・・・もうかなりかわいそうでした。


     
o0320024010251054755[1].jpg

 ほんとに短い時間で、素早く犬の爪を、いとも簡単にカットしてしまうトリマーさん。

      びっくりです。

家族には、あなたがやるって言ったのだから、必ずリムちゃんの爪切ってっとせめられるし、
散歩の時、爪が長くて歩きにくそう・・・と妻にもことごとく言われていて・・・


で、どうしたか・・・まさか、爪切りだけでもやってくれると思わなかったのだけど
いろいろ考えましたが、聞いてみるもんですね。優しいペット屋さん。
爪きり500円でやってくれるとのことチョキ
爪とまわりの毛のカット合わせると1000円だそうです。


予約したら、すぐOKビックリマーク


もちろん、爪カットの場面、見ていましたがびっくりしましたよ。
専門家の方(犬のトリマーさんていうのかな)がやると、早い早い。ほんとにあっという間。


なぜこわごわやらないんだろう。別に犬をあやしもしないのに、犬は実におとなしくしてる。
こうポイントをつかんでいるっていうのかな。すぐ犬の気持ちを理解してしまうのか、私には
すごく暴れたくせに、リムちゃん、なんだかおちついちゃって、安心したようにだまっているし、私の時とはかなりリムの様子違いました。
犬ってすぐ相手の態度で、こうも変わるのかと思った次第です。


トリマーさん、さすがです。短い時間で、足の先のまわりの毛もきれいにカットしてくれ、爪もかっこよく、まるでやすりがかかったようにきれいにカット。
あんなに手早くできるなんて、信じられない光景でした。まじびっくり感動。


あれは、できない、私にはえっ
そう心から感じましたが、でもなぜ、どんな犬もだまってトリマーさんには、従うのか。


不思議だ・・・


トリマーとして勉強して、修行を積んできている人とはいえ、すごいもんです。
きっと、犬の気持ちや考え、その場ですぐ理解して、犬と気持ち一体になってしまうから
犬も従うのだろうな・・・


     

o0320024010251054756[1].jpg

 なんだか、リムちゃん、気持ちよさそう。じっとして目もTORONとしてきて気持ちよさそうで
  寝てしまうかと思ったくらいだ。私の時とは、大違いではないかむっ


すごいことだ・・・仕事をはいえ、プロのすごさを見せられ、尊敬いたします。グッド!


私になついてくれている、リム嬢のことは、私が全て行おうなんて今まで思っていましたが、
プロの力を借りることもいいことなんですね。


因みに、爪きりをお願いしたのは、ペットショップで有名な、リム嬢にもここで出会った、
ペットのコジマヤです。
あそこは、平日でもいつでも、混んでいるペットショップですね。


やっぱりコジマヤさんだ。これからも、お世話になりますが、どうかよろしくお願いいたします。
いいトリマーさん達がいて、いいペットショップです。ありがとうございました音譜


     
o0372035910251054851[1].jpg

 この子は、おなじみピノ君。(リムちゃんと同じパピヨン)。あいかわらずかわいくて元気です。
     我が家の人気者です。



         ランキングに参加しています。
  t00700083_0070008310216747792[1].png ポチっとよろしくお願いします        

   人気ブログランキングへ
     ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

posted by オサト at 02:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

楽園広場の決定的写真


                          
DSC02007.JPG
とってもいい所です
岐阜県の道の駅「クレール平田」の前の広場


 

まったく久しぶりの更新です

リムちゃんピノ君変わらず元気です

更新がおくれた理由・・・

一度書かなくなるとずっと書かず・・・
ただそれだけの理由

それから、ついつい最近カメラ持ち歩かない日々が続いてしまって
リムちゃんピノ君撮れない状態だったのです

ところが・・・
すばらしい写真が撮れましたよ晴れ
傑作ですね!!我ながら・・・
そう思うと、大好きなペットブログの更新をしなかった自分を悔いました

場所は最高にいい場所(岐阜県のお気に入り場所)
朝早くがお勧め

ほんとにペットを撮るのはむずかしいのですが
これはすごい瞬間でしょ

ジャーン!!手(チョキ)

DSC02006.JPG

この瞬間感動してください!!
私の写真技術もね・・・素人ながらいい瞬間
(かなり自己満足な俺)・・・ご勘弁をわーい(嬉しい顔)

パピヨンのリムちゃんピノ君
思い切り走っていて、こう尻尾のなびき方が一緒のところが絵にもなる
かなり向こうから二人で思い切り私のところへ

走ってくるシーン
顔の表情も同じ(二人とも笑っている)

私のところへ走ってきてもうかわいすぎ!
この写真、ペット写真コンクールに出そうか悩んでいますぴかぴか(新しい)


この岐阜県のこの場所
いいところですごいお気に入りの場所です
クレール平田という道の駅の前の広場
とにかく広いです

いい空気
犬との戯れには最高の場所ですね!
DSC01984.JPG
この木もとてもいい(気になる木です)
DSC01980.JPG
ワン子と私の楽園広場(岐阜県にて)
またいきたいな

ランキングに参加しました
ポチっとよろしくお願いします
人気ブログランキングへ

ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

posted by オサト at 02:59| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

うちの軽い軽いピノ君の遊び

我が家のピノ君
ひじょうに体重が軽い・・・
もう2歳で、ほぼ成犬の大きさでいいはずだけど
体重は、2.5kgぐらいかな
でも毛はすごいふさふさなので大きくは見えるんだけど


だから軽いから、家族は常にピノ君はだっこされて
かわいがられている
抱き癖すごいついてしまったなあ


あまりに軽いので空中に高くジャンプ体操やってみました
Catchは確実にできる私しかやりませんが・・・


いい写真とれたんです
記念になります
ご披露させてください


5
まずは、用意・・・準備OKだ!

これから天高く飛び上がるぞ!



1
オォォ!!
かなり高いぞ
気持ちいいかも・・・


2
ちょっと回転してポーズを決めてみようか
すごいでしょ

3
無事キャッチしてもらいました

4
「僕は大満足」

「空高い位置より おかえりなさいピノ君
気持ちよかったね
またやろうな」

確実にキャッチできる人だけ遊んでくださいね
ただし軽いワン子のみ


なかなかシャッターチャンスばっちりつかめたと思います
いいショットでしたので
思わずお披露目してしまいましたが

危険をともないますので
相当な自信がある大人しかしないようにね
キャッチ失敗したら、ワン子が怪我してしまいますから
(我が家では私しかできませんでした)
4.5kgあるリム嬢はとても持ち上がらなかったです


ランキングに参加しました
ポチっとよろしくお願いします
人気ブログランキングへ

ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
posted by オサト at 13:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

リムの爆睡

おそくまで起きていた上に
さらに朝早くリムピノに起こされまして・・・

睡眠時間奪われたからついに昼間うとうとしてしまった私

すると、どうでしょう
リムちゃんも一緒に寝てしまったようです

私は、ソファに普通の格好で足を大きく組んで
そのまま夢心地の状態にはいったのでした

なんとリムちゃん
私の足の間に自分の顔をうずめて寝ていたそうな・・・


リムの寝方
黒い足は私の足
大きく足を組んだ寝てしまったら
リムは私の足の間の隙間に自分の顔をうずめて寝ていたそうだ
私もこんなリムちゃん見たかったです
私が全然知らなかったなんて



あまりにかわいいので思わず写真を撮ったということ

リムは私の足の間の顔いれて爆睡していたのかな

よく寝れるな〜〜

とっても不思議にかわいいリム嬢の寝姿でした


ランキングに参加しました
ポチっとよろしくお願いします
人気ブログランキングへ
posted by オサト at 22:24| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

水の音に反応するリムちゃんピノ君

水
散歩途中の好きな場所
(恵比寿ガーデンプレイスの滝)
私は、水音が大好きでして
いつも散歩途中には、水音が聞こえる前で立ち止まります

水のある光景も大好きです

水は、全てを浄化してくれる

心も体も

頭のきりかえが出来る場所も水音のする場所がいい


水リムピノ
リムもピノも水の前では嬉しそう


水のある景色
心が新鮮になりますね

リムピノも今は、水が大好きで水のある場所にきたら
自ら止まってこちらもみつめるのですよ


水2
恵比寿ガーデンの入り口あたり ここの光景もいい

この子達にも私の水が好きなこの気持ち伝わっているのかな


水リムピノ1
私をしっかり見つめるピノ君と
私にもっとこの場所にいようってポーズをするリムちゃん


水3
この写真から水音が聞こえてくるようだ(私だけ?)


ランキングに参加しました
ポチっとよろしくお願いします
人気ブログランキングへ



posted by オサト at 12:17| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

お散歩いきたいよ〜コール

私はいつもこの目に負けてしまう

うちのピノさんの
毎朝のお散歩いきたいコール

すごい視線を感じ、もしや!っと思ってふりむくと
DSC01056.JPG
必ず私を見ているピノさんの目

あきらかにお散歩に早く連れてって〜という目をして私を見つめる ↑


さらにその視線は強くなり↓ こんな感じに微妙にかわる
散歩いきたいよ
ちょっと鋭くなるピノの目線

お散歩連れてってよ〜の私への熱い眼差し
早く〜とだんだんその視線も強くなる


ついつい負けてしまうなあ

実は今、なんだか全身筋肉痛で歩くの辛いけど・・・

でも負けちゃうよ
ピノさんの眼差しに・・・

どこからでも私だけを見つめるピノさんに・・・

散歩いきたいよ2
君のコールはすばらしい!



ランキングに参加しました
ポチっとよろしくお願いします
人気ブログランキングへ






posted by オサト at 14:21| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

改めまして成長したリムちゃんとピノ君です

本日は、リムちゃんの記念撮影をしました

12
この写真はおなじみリムちゃん2ヶ月の頃

そして今↓
リム20090126
りっぱなパピヨン犬になりました
しかし小さい頃と変われば変わるもんですね
実際は写真よりきれいな顔しています
テーブルの上で撮影はいただけませんが、この場所しか我が家は
撮影に適する場所ないんだよね



ところで、ピノ君小さい頃は
ほんとにかわいいっていえないでしょ
毛も少なくてたよりなくて

ピノ家にきた時
我が家にきた当時のピノ君3ヶ月


でも
今ではこんなに美しくなりました↓
性格はおとぼけピノ君
おもしろい子です
でも外見はすごくきれいな子なの
(これは前にもだした写真)↓



いかがでしょうか
小さい頃の面影はあるけれど別人みたいですね
人間も大きくなると変わるけれど
ワン子だってかなりかわるのだ

美しいと評判なピノ君
ピノ



ポチっとよろしくお願いします

人気ブログランキングへ
posted by オサト at 02:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

お久しぶりです これからもよろしくです

DSC00840.JPG
お久しぶりです
ピノです
僕のこと忘れないでね


お久しぶりです
しばらくぶりでした

どうもだめですね
もっとちゃんとペット君達のこと記録していかなくては
そう思っているのですが
なかなかいいシーンに写真を撮れなくて・・・

かわいい仕草する時って一瞬ですから
その時カメラ持っていなかったりと

自称カメラマン
夢はまだカメラマン
そんな自分がそのような初心者なこと言っては
いかんでした

それではこれからもよろしくお願いします


DSC00550.JPG
お正月は富士山とともに撮影しました
美しい富士と僕です(ピノ)
りりしいでしょ

ランキングに登録しました
ポチっとよろしくお願いします
人気ブログランキングへ
posted by オサト at 22:10| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

今日のピノ君

1
ちょっと便利化と思っておいた椅子だけど
ピノ君自分の場所だと思ったみたい
どこがいいのかなあ・・・
ところでピノ君の前の毛かわいいでしょ
特別カットエプロン風です
(皆ピノのエプロンとか呼んでいる)



 

イケヤで買った小さな椅子が便利なので
私がいつもいるところの横においたんですけど
なぜかピノ君、自分の場所と思ったらしく
ポンと上がってしまい、くつろぎはじめました

ほんとに小さな椅子なんですよね
ちょっと寝返りでもしたら落っこってしまうのにィ〜〜

でもあんまりかわいかったからパチリ
それでもどかないピノ君

いいよこれは君の場所にして
でもちょっと狭すぎると思うけどな・・・

4
小さな椅子の上ですっかりくつろぎ始めたピノ君
落っこちないでね

今度君専用の椅子買ってあげるからね

それまで待っていておくれ

今日のピノ君
全くかわいいなあ

posted by オサト at 17:56| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私が小さい頃・・・父の愛犬「ぶん」の思い出・・・A

毎日毎日ぶんは父の帰る時間頃になると
大通りのお地蔵様の横で父を待っていた
その姿が当時は近所でも有名であった
皆その姿をみて微笑んだり、偉いわんちゃんねとか・・・
私もそんな声を聞くと自慢でした

ハチ公の話に似ていますよね
ハチ公にも負けないくらい「ぶん」も忠実な名犬でした

そんな父にたいして本当に忠実なぶんの姿をみながら私は育ったのです
でも私が小学5年生の時、父はある事故のため亡くなってしまいました
・・・と言ってもしばらくはその事故のために入院はしていましたが・・・

父が入院してた時のぶんは毎日落ち着かず父をひたすら待っていました
いつも通りぶんは同じ時間に大通りに出て父を迎えにいっていたのです
私や母がぶんをいい含めお地蔵様のところで待っているぶんを
毎日連れて帰りました

それから父は亡くなりぶんにはその事実を母が伝えました
利口なぶんはすぐに理解したようです
かわいそうなことにそれはそれは元気がなかったです
もちろん母も私も元気もなく我が家はしんみりの日々でしたが・・・

あれは父の49日の法要をしていたときです
ぶんは法要の最中に突然くるくるまわり始めました
自分の尻尾を追ってくるくるくるくる回っているんですよ
その姿は今でもよーく覚えています
その時私の思ったこと ぶん そんなにまわるとバターになっちゃうよ!・・・なんて

物語のトラみたいだって一瞬思いましたよ
自分の尻尾をつかまえようとくるくるくるくるまわっているトラ
最後はバターになって、確かそのバターでホットケーキを焼いたとかいう話・・・
私はぶんを見ながらそんなことがよぎりました

そのくらいぶんはただただ自分の尻尾を追いかけてくるくるくるくる

そして父の法要後もう夜になりかけの薄暗くなった時・・・

ぶんがいない! 
母と私は必死に探し回った

・・・そして・・・

見つかりました・・・いやな予感がしたのです
父の法要後だったから・・・

ぶんは、庭の自分の犬小屋の奥で、自分の尻尾をかみきって死んでいました
なんということでしょうか!

母も私もショックで何日かは立ち直れなかった
父がぶんのことを空から呼んだのか、ぶんが自ら父のところへ逝ったのか・・・
父の49日の法要の時に逝ってしまうなんて!! 
偶然とは思えない・・・

ぶんと父はきってもきれない・・・
一緒にいるのが一番いいのかな・・・
神様が決めたのだな・・とそう思って何日も泣いたけど
父のところに逝ったぶんは今頃幸せかもな
もうずっとぶんは父は一緒なんだろうな・・・
幸せか?・・・ぶん・・・

ホントの話です・・・

犬は本当に忠実です
犬はこちらのいうことがわかるし自分の主人に対して絶対的です
私はいつも心にぶんのことがあって以来
犬というのは神様からの贈り物かな・・・
子供と一緒だ
その人のところに来るってきっと決められている
だから、自分のところに来た犬は、かわいがらなきゃだめだ
犬達が来る飼い主はもう決められているのだからね
自分と出会って来るべくして来たのだから



10年程前、親戚のやはり犬好きの叔母が亡くなる時
最後の床で、愛犬のことだけが心残りだといつも言っていた叔母

「あの子をたのむ、あの子にちゃんとご飯をあげて
そしてかわいがってね・・お願いよ」

とその言葉を最後に息を引き取りました
そんな叔母のことも思い出します

ペットは人間にとって癒しであり、心の友あり、分身です
いなくなったことを考えただけでも涙が出てしまう

ペットは
「自分の心が一番優しく素直になれる時作ってくれる最高の親友」

と私はいつも頃思っている

私のペットに対する思い
ぶんのことがあってから、深いものがあります

今私にはリムとピノがいる
出会うべくして出会ったのだ
君達がいるから私もいつも元気がでるよ

これからもずっとずっと私のそばにいろよ

いろいろなところに行って沢山散歩して

これからも沢山楽しもうな

ずっと一緒だからな

posted by オサト at 01:10| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

私が小さい頃・・・父の愛犬「ぶん」の思い出・・・@

私の人生もはやペット(特に犬)なしでは生活できないほどの毎日
ペットといると素直になれるし、もちろん癒しにもなってくれるから
愛犬との日々はかけがえのないものがある

今いるパピヨン犬のリムちゃんとピノ君
私はこの子達に20年は生きてほしい
犬は残念ながら、人間と同じように80歳くらいまでは生きない
持って20年くらいかと言われているが
私はそれ以上、せめて最低20年は生きていてほしいのだ

私が小さい頃は、家に秋田犬の「ぶん」がいた
親父が大変かわいがって、それこそ親父と一心同体の「ぶん」であった

私がここまで犬好きになったのは「ぶん」 のおかげである
「ぶん」との思い出はあまりにも強烈である

その思い出は昨年
私の日記ブログでも書いたが
ペット専門のこちらのブログでもちゃんと残しておきたいので
同じように記していきたいと思う

ぶん
私が小学生の頃、親父がかわいがっていた秋田犬の「ぶん」
この写真はぶんではないが、こういう秋田犬であった
実に忠実な ぶん だった


私は、犬がいつも自分のそばにいないと落ち着かない
それは親父と「ぶん」を見て育ったからだろう

忠実な秋田犬「ぶん」は親父の事を一番慕っていた
ほんとに忠実な犬だった


私の心の奥底からずっと離れない光景・・・
衝撃的な光景
・・・思い出すだけでも涙がでてしまう・・・聞いてほしい・・・本当の話です・・・

私の父は「ぶん」をひじょうにかわいがっておりました                


結構九州の地元では近所で有名な秋田犬でした
九州にいても秋田犬をなぜ飼うの?と素朴な疑問をよく父にしていた幼い私

なぜ地元で結構有名だったかというと
「ぶん」はいつも家の玄関の前へでて
父の帰りを同じ時間にお迎えしていたのです・・・まるで忠犬ハチ公

でも「ぶん」は単なる玄関の前ではない
玄関の前の子道を歩いて20mくらい行き
そして大きな道路にでるのだが、その道路に出たところで
「ぶん」は毎日夕方に父を待ち帰ってくるまで、父のことをひたすら待っていた

残業で父がおそくなっても、例い午前様になった時でさえも
とにかく父が帰ってくるまでずっと待っていた

あの光景、今でもはっきりと覚えている
大通りに出た角のところに、小さなお地蔵様が立っていて
その横にちょこんと座って「ぶん」はただじっと父を待っている

秋田犬なので尻尾とかを気にしなければ、顔つきがきつねにも似ているので
道行く人は、お地蔵様の横にきつねが座っている
という具合で近所で評判の犬になったのです
そう映画の昨年流行った「Always 3丁目の夕日」でしたっけ・・・
あの映画のような場所でした・・・

そこに犬がじっとご主人様のことを待っている・・・・・

(父の愛犬の思い出・・・Aに続く)


posted by オサト at 23:02| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

リムちゃんピノ君とともに朝散歩

21

朝の散歩の途中で
恵比寿ガーデンプレイス内滝の前で
左がピノ君・右がリムちゃん
すごく散歩が大好きな二人です


私の日課は朝散歩
といっても始めたのは8月の終わり頃
といっても最初に始めたのは妻
私も途中から参加しました・・・まだ続いています

妻が始めた理由は
ちょっと最近太ったな〜と思って
体重計乗ったら(今まではさけていた)
なんと5kgも太っていたそうな・・・

20

アップでもこの二人きれいでしょ
ピノ君は嬉しそうに笑っています


ほんとに、唖然となって汗がでたって・・・
その気持ちわかりますわかります
私もやせたいのは一緒
現在95.6kg(私の体重です妻じゃないから)

私の身長からすると理想体重は82kg
現在お腹回りがすごすぎる
メタポ真っ最中、まっしぐらになる手前だと思っているが・・・

今、もし100kg(私の身長は179cm)になったらこの世の果てだと思っていたから
妻が朝散歩をダイエットを兼ねてやり始めたのがきっかけで
私も朝散歩をし始めた

19

リムちゃん(右)はいつもこんな感じで首をかしげて私の話を聞く
この仕草なんともいえずかわいい!


リムもピノもパピヨン小型犬だから、いつもいつも散歩もしないで
家ばかりにいさせていた
それも解消してやらなきゃな
私はいつも結構居間のソファで寝てしまったり
徹夜をしたり、いろいろ不規則な生活態度を送っていたせいか
なかなか朝散歩実行できずペースに慣れるまで時間がかかった

でもリムとピノのためと思うと朝起きれるようになったから不思議である
まったく愛犬の力は大だと思う

今日は散歩中の写真撮ってきました
かわいい我が家のパピヨン見てください

このブログ続けることも日課にしていきたい
これからリムちゃんピノ君を通じて
私の日常日記みたいなこと
犬との生活
犬の気持ち
(家では犬も人扱いなんだけどここではあえて犬と呼ぶが)

18

ほらほらやっぱりリムちゃん首かしげています
じっと私の方を見て
いつも私の話をちゃんと聞きます

沢山書いてこのリムピノと一緒の人生記録作っていきたいと思う

犬がいると生活楽しいですねほんとに

17

水の風景
いいですねとっても
リムは水が大好きですぐはいっていこうする
今はいったら大変だよもう秋なんだから


posted by オサト at 16:29| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

ピノ君の問題

15
今年の春きれいなつづじが満開の時
駒沢公園にて 娘とリムちゃんとピノ君と
ちょっとよく見えないと思いますがこの子達ポーズ決めています

これも私の日記ブログで今年の5月頃にかいたものです
その時も悩んでいたが今も悩んでいることがあるので
またアップしました

なんとやんちゃなピノ君
道で他の犬に出会うと思い切り吠える
かなり困っています
そんな様子もいれてあるブログでした
ちょっと聞いて下さい私の悩み


11
駒沢公園にドッグランができたみたいで早速行く
ところがピノ君は犬という犬全ての犬に向かって吠えてばかり
どの犬も吠えないのに・・・
大型犬にも吠えまくるからすごい度胸だ
自分を守っているつもりか
それとも怖さを知らないのか


今年5月の、とある日のこと・・・

今日はまあまあの天気で

このところ雨のために散歩にいけなかったリムとピノを
駒沢公園まで連れていく

                                   

最近雨が多いためか家でぐだぐだだらだらだったし
そういいながらやらなくてはならない仕事も詰まっているし
心も体も欲求不満
もちろん私も欲求不満ならば
ほぼ一心同体のリムもピノも同じだろう


こういう時は体を動かさなくては

体力また落ちてしまう・・・
なんてことはないと思っているがまたメタポの道になってしまう・・・


家の近くの駒沢公園
なんとドッグランができたのだ
最近大きな公園にいくとほとんどドッグラン設備が多くなって
大変ありがたいし助かる
東名高速の大きなパーキングでもドッグランがあるパーキング多いから
愛犬家にとって嬉しいことである



16
ピノ君と娘
ピノ君は他の犬達が気になって吠えてばかり  

駒沢公園のドッグラン
見事にいい犬ばかりだ・・・
皆よく躾られている
いかに日本がペットブームかよくわかる

駒沢公園あたりだと結構お屋敷町っていう感じで
飼い主も殆ど、品もいい感じの人達ばかり
犬君達もリボンをつけたり夏用のかわいい洋服をきたりと
皆おしゃれに決めている
中には靴まではいているトイプードルがいてかわいかったけどびっくり

本日は犬の品評会のようにきれいなワン子ちゃんばかりであった


我が家のパピヨン君達だって見た目jは決してひけをとらずに
かなりかわいいと私は自慢げに連れていったのだが・・・が・・・


全く!! である
ピノの躾がなってない!


ドッグラン内でどこにでも思い切り足上げてマーキング
それはいいのだが・・・
なんと全然知らないオジサンの足にマーキングしてしまった・・・!?


考えられないです!
うちのピノがここまで失礼をするとは!
そのオジサン笑って許してくれたが内心はいい感じはするはずないよな


私はとても恥ずかしかった
おまけにうちのピノだけが1人で吠えまくり皆に迷惑がられている
どの犬を見ても吠えて吠えてピノの声だけが
ドッグランに響き渡る

私はその度に注意していたがさすがに疲れてしまいました
まあいいか
噛み付くわけではないし
ちょっと他の犬を追いかけたり吠えたりすごいけど
多分ピノはピノなりに遊んでいるのだろう
・・と本日は思うことにした


最近そういえば吠える犬があまりいなくなった
これも各家庭の躾なのか?
それとも飼い主が
吠えたらブルブル振動をおこす小さな器具みたいのを
犬につけるとか
あるいは犬の口を開かないように口輪みたいのをつけるとか・・・


しかし・・・

私はそんなのあえてしたくない
ピノがこれからもあまり吠えすぎるならば
言って聞かせれば必ずわかると思っている
多少の学習と訓練はある程度必要かもしれないが・・・

12

ドッグランの中
前がリムちゃん
後がピノ君

犬は本来吠えるもの

でも最近の犬はあまり吠えなくなったと思う

それは環境に満足しているからだと思うが
それでも吠えるならばあえて無理にとめたくない
勿論こういうドッグランのようなところへきて
他の犬にあまりにも吠えるのならば
考えるが
度が過ぎたら何度も繰り返して
わかるまで言ってきかせるつもりだ


普段吠えるくらいならば多少はいい
無理にそういう器具等はつけたりはしたくないのだ
犬 本来の姿があっても私はいいと思っている

ピノ君他の犬に吠えすぎだが
それだけはよく言ってきかせようと思う
必ず学習してほしい

13

ドッグランで走り回るピノ君
一人で吠えまくっている

人間と一緒に生活している以上
また忠実になればなるほど必ず

人間が言ってきかせることを必ずわかってくると思っている


リムちゃんは本当にいい子だ
それでもほんとにこんなに忠実になったのは最近か
ピノの時期くらいまでは吠えたりして
何処かへ走っていったりしたものだ


ともあれ、我が犬がここまで
吠えまくってドッグランの中で暴れ回り
(噛みついたりは絶対しないけど)

思い切り元気というか
声帯が発達しているというか
ヤンチャというか・・・

こんなに放し飼いにすると元気がいいなんて考えてもなかった

結構刺激的な一日だったが
これからもっと躾をちゃんとしなくては
と反省した日である


犬のよさは奪いたくない
犬が人間と一緒に過ごす以上まるきり人間と同じに扱う訳にはいかない
共に過ごしてはいるが犬を飼うというマナーをわきまえ
他のペット家族と仲よく交流できるようにしなくてはと思っている
今日のように吠えすぎで
注目されるようではだめだ



14

ヤンチャなピノ君
こんなに毛もフサフサに成長したのに
美しくなったのに気だけは強そう

 

ピノよ
もうすぐお父さんになるかもしれないのだから
もう少し大人になっておくれ


とってもかわいいピノ君
今日は久しぶりでとっても楽しかったね
愛するリムとピノ
またドッグランに遊びにこよう
吠えてばかりいても疲れるぞ
早く慣れようね

posted by オサト at 13:15| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット愛好家の方々 注意です!

a
うわっ! このトンビこわっ!
うちのペットを狙ってずっとこっちをみているのが
わかるのだ
気をつけなければ!
c
まったくトンビはどこにでもいる怖い鳥である
                                    
私はよく元気になりたい時、雄大な砂丘へいってみる
砂丘の広い砂浜で(特に朝誰もいない時がいい)
そうすると心も洗われ希望も出てきて前向きになれる気がする
だから落ち込んだ時とか新しく出なおしたい時とか、力をもらいに出かけている
前に砂丘に行った時のこと、私の日記ブログにも載せたのたが
こちらにも書きます
ペット愛好家様達にこのブログ読んで頂きたいから

砂丘は実に雄大
私の気持ちを新たにし
希望を与えてくれ
これからの私を大いに変えてくれた

ところがである
危険もあるのだ

それはペット達にとってです・・・

トンビが突然真上に集まりだす
獲物を狙いはじめる
私の大切なペット達があぶない!

e
トンビはいつでもペットを狙う
こんな小さいワンちゃん達はトンビにしてみればすぐ運べるという

私の愛犬パピヨン
名はリムちゃん(女の子)とピノ君(男の子)
おなじみの愛犬だが
出張には二人とも一緒によく連れていく
勿論今回も同伴

この二人広々とした砂丘が相当に気に入ったらしく
砂浜を思いきり駆け回っていた

f
楽しい一時もちょっとした瞬間で悲劇にかわってしまわぬよう
充分皆様も気をつけてくださいね
トンビは狙いを決めるとすごいスピードで急降下してきます 

彼らは思いきり走れることに喜び
響く大きな鳴き声で
ワンワンワンワン
ワンワンワンワン
と嬉しさを走り回ることで表現していた


ところがそんな彼らをじっと狙っている動物がいたのだ


それは・・・
皆様よくご存知の

ト ン ビ

彼らの鳴く声が空まで響いたのだろう
空の上には約10羽のトンビが飛びかっていた

あきらかに私の愛犬達を狙っている
この間も事件があった
TVニュースでやっていたのだが
トンビが川原で遊ぶペット(家族がペットを離し飼いにしていて)
をじっと狙い、突然すごい早さで急降下してきた
遊んでいた子犬のペットを足で掴み飛びたっていったという話・・・


d
 遠くに見えてもトンビの獲物を狙うスピードはすごいときく


なんと残酷な話だろう

トンピは空から向かってきて小さな子犬のペットを掴むと
かなりの高さまで飛んでいく

それからいきなり掴んだ子犬を離すのだ
当然落ちた子犬はものすごい衝撃で死んでしまう
そしてそのペットが死んだのを再びやってきたトンピが確認すると
今度はまたその子犬を両足で掴んで
またどこかへ飛びたつ

そして仲間と一緒に全部平らげるという・・・

ペットの親(飼い主)はそんなかわいいペットの
その姿をみたら多分気絶してしまうだろう

助けようにも助けられない

突然の出来事だからどうしようもない

トンビがペット(特に子犬)をさらう事件は
実は都会にだってかなり起こっているらしい
いつでも親は自分のペットを守ろうと気をつけなければいけないのだ
自分はだいじょうぶだなんて決して思わないで下さい
トンビを甘くみてはいけないのです

b 
こうやって人間がそばにいたってペットを狙って
トンビはチャンスを待っている
広いところ、草原、山の中、川原・・・
もうどこでも空からの狙いには気をつけろ


よく見るとトンピの大きさは羽を広げると約1m50cmぐらいあるくらいかなりでかかった

あんな物体が狙いを定め急降下してきたらそれはおそろしいだろう

まさかトンピがくるはずがないと思っている人間も多くいるらしいが
都会でもトンビ犬さらい事件は現実起こっているのだ
今、トンビは飢えているのだ
自分のペットが残酷な目に決してあわないように守るのが親である

トンビのペットさらいが頻繁に起こっていることを
ペットの親達が知っているのと知らないのでは全然違う


たまたま私は知っていた
前に山口県の山の上の温泉街に行った時
やはり私のリムちゃんを狙ったトンビがいたのだ
その時も妻に指示しリムを必ず抱きかかえるように
遠くから大声で合図したんだ

今回も同じ
私と妻はリムとピノを抱きかかえ
ひたすらトンピが離れるのを待った

トンビはかなり利口な動物で人間がすぐそばにいると
さすがに来ない・・・

人間がペットから離れたその瞬間どうなるか・・・
そういうチャンスを空からじっと待っている

本当に恐ろしいの一言である
私はリムもピノも抱いてジャンパーの中に隠してしまった

何分かしてやっとあきらめたのかじっとこちらの様子を伺っていたトンピはいなくなった

しかし油断をするとすぐ来る
またどこからか集まってくるのだ

もはやトンピはどこにでも存在する
ペットを飼っているお父さんお母さん
ペットを守るのは親しかいない

残酷な経験を決してしないために
トンピにくれぐれも注意してほしいと思っている

posted by オサト at 00:15| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

いい写真公開

18

この写真すごく動きがあっていいと思いませんか?
今年愛知県の伊良子岬に出張中に寄って撮った写真です

私は出張にも対外犬連れでいきます
妻も一緒に仕事して出張を早く終わらせるために運転はかわりばんつするから
どうしても犬も一緒に行くわけです
家においていくのはなんともかわいそうになってしまう
車の中でいつも待っていられる子だし、その点のしつけは完璧にしました
いえば言う事聞く子達だし
もう素直でほんとにかわいい

この写真は連続押しができないカメラなのによく撮ったでしょう?
自己満もいいとこだけど
家でも額にいれて飾ってあります
ピノ君が宙に浮いて二人で追いかけっこする姿
いい記念になる写真ですよね
二人ともおもいきり走っているシーン
撮るのも大変でした
いつも動画はなかなかうまくいかず(特にペットの動きは)
苦労していますが、何枚も撮るといい写真できるものですね

我ながら満足
この写真は私の写真ブログでも公開しました(私は写真家を昔目指していて今でもこの夢忘れられない)
実は今年後半の読売ペット大将の写真コンクールに応募しようと秘かに計画しています

それでですが下の写真は
昨年読売ペット大将コンクールに応募した写真です
ちょっとカレンダー用にも使ってしまったのでまわりをぼやけさせていますが
実際に応募したのは何も手を加えていない写真ですけど

13

これはどこかのドライブインで、まだ小さいピノ君を連れていって始めて一人でお散歩した時の写真です
階段をこわごわ上る仕草がかわいくてかわいくて思わずパチリ

確か「初めてのお散歩」という題で応募しました
そうしたら、見事佳作だったんですよ
家族中で喜びましたね

本当はこのペットコンクールすごい応募の数で
かなりの数の人が佳作をとれるんだけど
それでも応募の数にくらべたら賞をとっただけでもすごいことらしい
賞品が出る佳作と出ない佳作があって
私はでないほうだったんですが・・・

このピノ君の手がなんともかわいいでしょ
顔も不安でこわばっていて・・・
思い出の写真です

ペットは幸せを呼んでくれますね
我が家はペットを通じて、息子とも娘とも会話するようになりました
いるも親なんか無視している息子も私としゃべるんですから
ペットが話題ですが

今後も写真いっぱい撮ってここでアップし自己満にひたりながら
沢山楽しもうと思っています

またよろしくお願いします
posted by オサト at 08:05| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

改めてパピヨン犬リムちゃんとピノ君の紹介

12

りむちゃんが家にきてから1週間くらい
すごいかわいくてすぐ人気者に
with 次女

14
まだ幼い二人
耳の毛はまだこのくらい
17
現在のリムとピノ
しっかり耳の毛も伸び美しいパピヨン犬です

我が家の愛する宝物

「リムちゃん」「ピノ君」

私はこの子達がいるから
毎日家に帰るのが楽しみになる
といっても結構出張の時は一緒に行ったりする

娘や息子はいつも外出予定があるし
家にこの子達だけにしておくのは忍びない

私の愛する二人のパピヨン犬
(我が家では二匹とはいわず二人と言って人間扱い)
リムちゃんピノ君をあらためてご紹介したいと思う

私は正直小型犬がこんなにかわいいなんて思わなかった
大型犬を連れていた方がなんかかっこいいし
犬という存在感がある

10
原っぱを走り回るリムちゃん
今大人になったけれど相変わらず円をかくように原っぱを見ると走り回る

特に私のようにどこからみても大きく太めでごつい人間には
かわいい小型犬があわないと思っていた

娘が小型犬をどうしても飼いたいというから負けただけの話である

でも、犬は犬、大型犬であろうが小型犬であろうが
かわいさなんてかわらないことが判明
むしろ、小型犬の方が一緒に寝れるし、家でもいつでもそばにいるし
具合が悪い時など必ず散歩に連れていかなきゃならないなんて
こともない(大型犬の時は散歩に連れていかないとどうしてもかわいそうになってしまう)

車にもひょいと二匹乗ってもいつでも乗れるし
買うなら小型犬の方が犬初心者ならお奨めかもしれない

まあパピヨン犬を飼ったいきさつはよかったら
私の日記ブログを見て下さい
2007年の3月頃に書いてあります

9
子供の頃のリムちゃん
なぜかソファの下にはいって常に家にいる人間をを見ていた
この動作すごくかわいい

リムという名はリズム、あるいはドリームからとりました
ピノという名はピアノからとりました
音楽家の娘達がつけた名は気にいます

7
家に来て1週間目くらい
ほんとにかわいいでしょ
あまり抱きしめるとつぶれてしまいそうなくらい軽かった

リムは現在2歳と9ヶ月(12月20日生まれ)まだまだ若い乙女
ピノは現在1歳と10ヶ月(11月11日生まれ)のもう若き青年かな?

二人とも選択肢はない
お互い一人の中から相手を選ばねばならないのである

11
ピノ君昨年暮れ生まれて一年くらい
この写真今年の我が家のカレンダーにも載せました
(限定一つの手作りカレンダー)


リムの方が少し年上になるけれど
犬の場合それが一番理想だと聞いた
男の方が若いほうが元気だし積極的だしうまくいくらしい

この二人最初の出会いの時はリムがプライドが高いあまり
「ふん!」と言った感じで1週間ぐらいピノを受け付けなくて
心配したが・・・
何せ、ピノ君がそばに寄るだけでうなるのだ・・・

8
この写真もカレンダーにした
一年くらいのリム
いい写真でしょ

でもリムちゃんも自分にはピノ君しかいないとさとったらしく
それにいつもなついて追いかけてくる男性にはプライド高いリムちゃんも
負けたみたいで・・・

今ではとても仲の良い夫婦となりつつあるのだ
     
私は早くこの二人が子供を持って
夫婦から家族になることを祈っている

えー生まれたら誰かにあげないの?
大変だよ例えば4人も生まれたら・・・

と娘達に言われたけれど・・・

全然平気 である

とてもせまい部屋が居間になっている我が家だけど
そこにこの子達の子供が沢山生まれても
大変どころか楽しいし待ち望んでいるのだ

その時はこのプログも持っと活発になることはいうまでもない

16
走り回るリムお嬢
ちょっと太めだが今ではとてもふくよかに成長
なかなか魅力ある乙女です 

今度はピノ君です  
リムちゃんは生まれた時からかわいいけれど
ピノ君はどうなるかなあと言われ続けたのもつかの間

ピノ君は今ではそれはそれは美しい王子様になりました
ほんとに美しいのです
毛がふわ〜っとして風になびき
ちょっと痩せ型で顔も実にりりしく
道行く人から
「きれいな犬ね〜」と
感心の声が結構聞こえます

自慢の息子なんですよ 
特に尻尾がかわいい
兎のようにふわふわです

ピノ2008.8.12
私が抱いているピノ君
毛がウェーブがかかって美しい子でしょ


性格もやんちゃだけど私にぺったりよっかかってきて
この仕草がなんともかわいい    

この二人に子供が生まれたらすごくかわいい子が生まれるのが
もう目に見えています
だから二人が早く家族になることとっても楽しみなんですよ

将来恵比寿近辺をパピヨン一家で散歩している姿があったら
ぜひ声かけて下さいね

15
毛が風になびくとまたもや美しい犬になるのです
 
posted by オサト at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。