新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!

2008年08月14日

二人目パピヨン・・・ピノ君です




ピノ家にきた時2
           
我が家にきた二人目のパピヨン犬
           こちらは男の子のピノ君です

ピノ家にきた時
          
この写真は我が家にきた日にとったもの
       なるほど・・・と思うでしょ そうですそんなにかわいい子では
       ありませんでした

ピノ君は2006年11月11日生まれ
なんだか1が4つも並ぶ日に生まれたとは
家にラッキーを運んできたような子です

この子もペットのコジマヤで買いました
我が家に来たのは2007年の2月
リム嬢より約1年遅れで我が家の一員になりました
バレンタインデーの日ではなかったけれど
それに近い日だから、やっぱりしっかり来た日のこと覚えております

ピノねんね
6ヶ月くらいの時のピノ
肉球が超かわいい
だんだん毛もはえてきて顔立ちもはっきりしてきた

実はこの子はリムちゃんのお婿さんにと買った子でした
リムのだんなになるために我が家にきたのです

だからコジマヤに男の子のパピヨンがいたらぜひにと思って行ったのでした

そしたらいましたよ 売れ残った生まれて3ヶ月たったパピヨンちゃんが
バーゲンになっていてかなりの安価
生まれて2ヶ月と3ヶ月では値段が格段に違う
よし!と値段にひかれて即座に決定だ
これも出会いというものである

このパピヨン君最初に我が家にきた時は
あんまいかわいい顔でもなく
毛の生え方もぽよぽよで少ししかなくて
顔もなんだか、長ネギのように長くて、つまりちょっと変な顔だった

家族みんなで、あんまりかわいくないね・・・
なんて最初いったのを よーく 覚えています
妻も、おどめもないし
リムちゃんの夫としてふさわしくないかも・・・なんて言っていましたよ
(しっぽのところが茶色のパピヨン・・・これがあった方が高級パピヨンらしい)
私も、値段だけで買ってしまったこと少しだけ後悔したけれど

でも家にきてぶるぶる震えているこの赤ちゃんのパピヨンをみたら
なんだか愛しくなってきたのであります
やっぱり、名前は娘がつけて、音楽的な名前ということで
ピアノからとって、ピノ君と名づけました
この時はきっと名前負けするかも・・・と思いましたが・・・



しかし・・・しかし・・・しかし


世の中はわからないものである
あんなに貧弱であまりいい顔でもなかったこのパピヨンピノ君ですが
成長するにつれ、長い顔が横に広がってきて
毛もすごくふさふさになり
パピヨンらしく耳も大きくなって、耳の毛もすごくのびて
茶色のところも金色っぽく輝きはじめ
艶がでて本当にすばらしいパピヨンへと成長はじめました
ピノえまと
毛ものび顔立ちもしっかりしてきて
耳の毛もウエーブがかかってのびはじめ
ハンサムになってきたピノ君(2007.12)

ピノ

         
家のテーブルで
     ピノ君ますます美しく成長
     (ちょっと背景悪いけれど)

いや本当にびっくりです
こんなに美しいパピヨンに成長するなんて誰も思わなかった・・・

よく人間にもいるでしょう
小さい頃、さえなかったのに、大きくなったらすごくかっこよくなったり美人になったりと・・・
犬だっと同じなんだな
小さい頃の面影が残ると思ったら大間違い
嘘のようにかわる犬も確かにいるということですね


今では町を歩くと、皆が振り返るくらいのやはりこちらもパピヨン中のパピヨンになり
家族は、美しいちょっとやんちゃでかわいくなったピノを今ではすごくかわいがっている
いったい最初に文句言っていたのは、どこの誰だ と私は言いたい
誰がこのパピヨンの将来を見抜いて買ったが覚えてほしいと強く思うのだ
まったくかわいくなったからかわいがっている家族をみると
私も言いたいことが沢山あるが・・・・・・

まあ、皆でかわいがっているからいいか・・・

性格は、リムちゃんみたいに高貴ではないけれど
気さくでやんちゃ、明るいかわいいかわいいピノ君です
早くこの二人に子供ができて、家族がさらにふえないかな・・・と今では家族中で願っている次第です
よく獣医にいって子供できるようにするとかいうけれど
我が家は自然にまかせます
生まれなければ生まれないでそれでもいいし

パピヨン家族と暮らすこと・・・今の私の夢でもある
そしたら写真を沢山とって家中に飾ろうとか
キャンパーをいつか買って、パピヨン家族も一緒に
旅しようとか・・・

そんなことを夢見ている私である
これからこのピノ君よろしくお願いします
ピノリムホテル前
2007年12月、娘とリムとピノ
posted by オサト at 13:42| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

はじめに・・・パピヨン犬リムちゃんとの出会い

DSC05069.JPG
          
我が家にきた当時のまだ赤ちゃんだった頃のリムちゃん
          
ちょっとおどおどしてこわごわあどけない

2005年12月20日生まれのパピヨン犬のリムちゃんが
我が家に来たのは2006年2月
確か年に一度美味しいチョコが頂けるバレンタインデーの日
だからよーく覚えている

家のそばにコジマヤ(犬専門店)ができたから
だからなんとなく見に行っただけだったのだが
そこにいたのは、まだ2ヶ月にもならないふわふわっとしたあまりにも軽いパピヨン犬
抱いてみるとまるでたんぽぽの綿毛だけが私の手の中にいるようで・・・
そうだなあ・・・そうだふわっと軽い綿菓子が手の中にいるような・・・
・・・そんな感じであった
そして出会ったばかりの私の指をいつまでもなめている

私は、他に日記ブログも書いているが、そちらのブログでその当時の様子は
かいてあります
まだその頃のブログは超初心者で、あまりまとまってないけれど
よかったら覗いてくださいね

そんなリムちゃん
思いもよらずペットのコジマヤで買ってしまった
予想外の買い物をしてしまい
突然家に連れてきたので、家族はびっくり
でも娘の喜びようはなかった
当時まだ高校生だった下の娘がつけた名前に決定
音楽(ピアノ)をやっている彼女がつけたリズムからとった名
リムちゃんと名づけたのである
きた当時のリムちゃんです   

                      
リムちゃん2006.2

     
リムちゃんおすまし撮影。ほんとにかわいいでしょ。

それから約2年以上、もうすぐ3歳になるリムちゃん
今ではパピヨン中のパピヨンだと皆が思うくらい美人に成長したのである
しかしリム嬢はかわいいというか不思議なお嬢様
異常に私になつき(出会いで私の指をなめた時から)
車の中ではいつでも私の膝の上

最初はかなり危ないと思ったが、もう今では慣れたもんかな?
充分注意はするが、あまりお奨めでない車の中の彼女の居場所である


        リムひざの上ピノリム絵麻
           
現在成長したリム嬢    
なぜかリムは車では運転する私の膝の上にいつでも乗っている

   私と二人だけで車にのっても(助手席にいられるのに)
       運転している私の膝の上から離れない


全くかわいい愛しのリム嬢
これからもずっと私のそばにいておくれ
私と君の生活記録・・・一生の私の宝物である

    

posted by オサト at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新しい画像 (9).bmp   Lubtech-logo-green.jpg
prospec2-b.jpg LAPUTA_04.jpg   boron_logo_01.jpg
人気ブログランキングへ
ポチットクリックお願いします。ありがとうございました!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。